キングダムズオブアマラー:レコニング

ようやく終わったので感想をば



このRPGは所謂『序盤がキツイが中盤くらいから途端に楽になる』タイプ
ある程度縛りを入れないとバランス崩壊でとんでもなくヌルゲーと化します

バランス崩壊の一助となっているがこのゲームの肝である『フェイトウィーバー』
これはスキル・アビリティをお金を払ってリセットするシステムでリセット回数が増えると料金も上がるというもの
つまり金さえあればいくらでも振り直しが可能なんです
なので序盤~中盤くらいまでじっくり金を稼ぎつつ拾い物の装備で進行する
そして最高の鍛冶素材になる装備が出る辺りからバランス崩壊レベルの所業が可能に

まず1度スキルリセットを行いその後鍛冶のレベルを最高まで上げる(この時宝石術も最高に上げられるとなおよい
その後下地の最高素材が出るまで装備品解体(出なかったらロードを繰り返す)
最高素材が出たらほぼ作業終了。後は好きなOPのパーツを付けて完成
作業が終わったらまたスキルリセットさせて元の状態に戻す

この作業が可能な状態になるとバランス崩壊と共にドロップされるユニークやセット装備がただの換金アイテムに成り下がり
主に戦士タイプでゲームを進めているといくら殴られてもダメージを受けない&小型雑魚程度なら撫でるだけで死ぬ攻撃力という無敵の要塞と化す

あまりにラスボスや終盤の敵が弱すぎて味気ない状態でクリアすることになりました
一番辛かったのはドロップ装備が全部換金アイテムにしかならない性能なったせいで装備を求める喜びが一切無くなった点ですね

ついでに言うと敵の種類がそれほど多くないので1度対策がわかれば終盤までずっと通用する点もよくなかった
カラーリングがちょっと違ったりするんですけど攻撃パターンは一緒なんで対処も作業になりがち
ただソーサラータイプが大量に出ると面倒でしょうがなかった 集団相手は最後まで面倒だったなぁ
なんだかんだで代金分以上に楽しめたかな?クエストがとにかく多いんでそれを潰すだけでも相当時間かかったし



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント