クラフターのコツ(改訂版

取りあえずクラフターというか鍛冶師のコツ
たぶん他のクラフターでも通用するんじゃないかな?
(どうやら自分の解説が間違ってようなので改訂版

まず下準備としてそのクラスにあった装備品を着て簡易施設を借りること
さらに高ランクの物の場合標準施設やその上が必要になってくる
簡易以上の施設はそれぞれのギルドにて借りる事が可能
クラスレベルが高く、作るものがナゲットなどの中間素材であるなら別にインナーだけでも問題ないが
たぶん一番重要なのはクラスレベルだと思われるのでどんなにコツを知っていても製作物のランクと
自身のランクとの差が大きいと完成率がかなり下がる
リーヴでも推奨と3くらいの差ができると完成率は半分程度落ちてしまう模様
ではそこんところを念頭に置いてコツというか状態による最適な打ち方

ff038.jpg
白い状態
普通の状態 やはり作業鍛冶が成功しやすい状態のようだ

ff040.jpg
赤い状態
これも安定している状態らしいが…
こちらも作業鍛冶を選択した方がいいそうだ

ff039.jpg
黄色の状態
一番良い状態。突貫が成功しやすい状態らしい
入魂も可能らしいがやはりランク差がある場合は作業を選んだ方がいいとか

ff042.jpg
七色状態
レインボーに輝くよくわからない状態
これはやはり危険な状態のようだ
観察してどうにか別の状態にもっていこう

不安定な状態
妙なエフェクトがかかっている状態 どうやら製作物のランクが自分より高い状態だと起こりやすいようだ

ff041.jpg
経過観察
最初製作してると何の効果があるかさっぱりと思われるだろうけども
これをすることによって製作物の状態が変化する つまり都合の悪い状態の製作物を別の状態に変える行動
もちろん変わらない可能性も大いにある 危険な七色状態の場合に使用する
ちなみに経過観察をやると最初は耐久が1減り、次にやると2減る そして3回目で3減るため
無闇に観察するとゴリゴリ耐久が減る 

火花が出る
状態に合わない作業や失敗が連続すると火花が出るっぽい
この火花は経過観察しても止まらない やたら火花を出すということは
・レベルに合わない製作物をやっている
・一つの作業を連打(たぶん突貫連打
・運が悪くて失敗しまくっている
・ただのヘタクソ

なんでもいいけど自分クラフターより戦闘職重視でやってたはずなんだけどな…
いつの間にか斧5で鍛冶9なんだよな…
とまぁかなり曖昧な話をしているがあってるとは思う
最後にクラフター用スキルだがあれは自動で発生しない
時折作業選択肢が増える(下矢印が選択肢部分の横に発生する

突貫連打法より
白・赤で作業 黄色で突貫 虹色は極力観察でやり過ごす がベスト
もしかすると突貫の成功率が下がって作業の成功率が上がってるのかもしれない

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント