仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

core21.jpg
つうわけで見てきた
以下ネタバレありの感想



ゴーカイジャーの方は戦隊のお約束だいたい尺が本編と同じくらいで豪華版でした
残念な点はゴーカイシルバーの出番が冒頭とラストにしかなかったということくらい
尺の都合上仕方なかったのかもしれませんがね
やっぱゴーカイは最初の五人の関係がほとんど完成しているのでお互い分かってんだなぁ
というのがラストの場面で再認できました

オーズの方はコアメダルを作った錬金術士の1人が登場
あの錬金術士達がコアメダル作ってるシーンがなんかBLACKのゴルゴムを彷彿とさせるんだよな
映司が最初で最後であろうバースに変身したシーンが意外でした つうか下手すりゃ誰でも変身できるんじゃ?
後は暴れん坊将軍の殺陣シーンなんですがよく見るといつも通りのみね打ちでした
まさか怪人相手にまで…どこまで慈悲深いお方なんだ(結局連中は消滅しましたが)
ブラカワニが徳川家に献上された品だったわけなんですがそう考えるとメダルの実数は不明ってことですよね
ある意味オーズでいくらでも話を作れるということなんで都合がいいと思いますけど
ラストでヒナとアンクが手をつなぐシーンとかありましたが今の本編の状態と比べるときっついよなぁ

本編の話ですがついにガメルが逝ってしまった…
サゴーゾ・グリードとしての性格・容姿そして専用挿入歌の完成度
どれをとっても最高に良いヤツでした 平成ライダーを一応クウガから見てますがかなり上位に入る怪人キャラ
ガメルはホントメズールさえいれば何もいらなかったんでしょうね…
自分が絶対満たされないということを知ることもない単純で純粋なところはある意味グリードで一番幸せなキャラだったかも
そろそろオーズも終わりか…そういやカザリの目的ってなんだったんでしょうね?
完全体になって速攻死んだからイマイチわからない

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント